読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

ドラマになった石田衣良氏の小説|波のうえの魔術師は面白いのか?

 

株式投資FXでお金を増やしたいという願望は、誰しも少しはあるんじゃないでしょうか。


私の周りにも株式投資をやってる同僚や、ライブドアの時に大損して嫁さんから株を禁止された友人もいます。


自分も昔から株に関する本を買って勉強したりするんですが、ネット証券に口座は開いたものの、実際に取引したことはありません。会社なんか行かずに株やFXだけで生活できたらどんなにいいことか。


でも、実際はマーケットに身を置くというのはそんなに甘いモノじゃない。

 

投資が楽な仕事なんて、うそばっかり。身体を使わない分、頭とハートはたっぷりと酷使しなくちゃならない。ー「波のうえの魔術師より

 


石田 衣良氏の小説「波のうえの魔術師 」株式投資を題材にした小説ですが、株に興味があっても無くても読んで面白いと思います。


石田 衣良氏の小説と言えば池袋ウエストゲートパークアキハバラ@DEEPのほうがメジャーかもしれませんが、「波のうえの魔術師」はアマゾンのレビューでも、同じ作家の書いたものとは思えないくらい作風が違って読みやすくて面白いと投稿されてます。


15年くらい前のフジテレビのドラマ、「ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~」の原作が「波のうえの魔術師」となります。

 

ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX

ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX

 

 

当時、ドラマも面白くて毎週欠かさず観てました。主人公の白戸則道をTOKIO長瀬 智也さん、小塚老人を植木 等さん。


ライバルのエリート銀行員の山崎役をネプチューン原田 泰造さんがやっていて、名演技を見せてくれています。


ドラマ「ビッグマネー!」には今でも覚えている好きなシーンがあって、


銀行の窓口に白戸が誰かの借金を株式投資で返済するので待ってほしいと相談するとエリート銀行員の山崎が見下すように

 

ですってー!やめたほうがいいんじゃないですか~。素人は。と白戸をバカにする。


数日後、山崎は銀行の金を運用して株をやっており、ある銘柄を買っていたようなのだが売り買いのタイミングを誤り、山崎は銀行の資金に大穴をあけてしまう。


大穴をあけたその日に再び窓口にやって来た白戸。

 

山崎の目の前に大金を置き借金の返済を果たす。山崎はその金を白戸がどうやって作ったのかピンとくる。

 

いいいあああおおおーー・・・様。・・やったのか・・株を?」

 

返しの白戸のセリフがしびれる

聞かないほうがいいんじゃないかなぁ・・・素人は。」


原作の「波のうえの魔術師」には山崎というエリート銀行員は出てこず、ドラマオリジナルのキャラクターということになりますが、ドラマはこの山崎がいたことで白戸とライバル関係を作り面白くしてました。


ドラマと小説の内容はやはり違いますが、小塚老人と白戸青年の師弟関係やこの物語のキーワードである、まつば銀行の「融資付き変額保険」をめぐっての復讐劇は同じです。


小説もストーリー展開が早く、株の売買シーンもリアルで臨場感があり、ドラマとは少々違うラストを読み終えた時、白戸はこれからどう成長するのか考えて想像して鳥肌が立ちました。

 

波のうえの魔術師 (文春文庫)

波のうえの魔術師 (文春文庫)

 

 「波のうえの魔術師」という題名も最高にかっこいい!

 

 

本当にヤバい年会費無料クレジットカードの脆弱性

 

世の中、タダより怖いものは無いとは言いますが、
年会費無料のクレジットカード・・・これほど恐ろしいものはありません。


色々と諸事情があり、10年くらいクレジットカードを持つことが出来なかったんです。(ブラックってヤツですか・・・)


ネットの買い物なんかは口座に入金している金額までしか使えないデビットカードを使ってたんですが、やっぱり急なモノいりや何かがあった時の為にクレジットカードを持っておきたかったんですね。


楽天カードとか何回か申し込んでみたんですが、「今回は見合わせで」の返事ばかり。


3年くらい前にダメもとでインターネットで他の年会費無料のクレジットカードを申し込んでみたんですが、何と審査が通ってマスターカードを持つことが出来たんです!

 

f:id:shinbar:20170521235958j:plain


年会費無料でショッピング枠200,000円、キャッシングなら100,000円までいけるカードです。リボ払いのようにミニマムペイメントと言って分割返済もOK!


まあ、取り合えず持っているだけで、使うことはないから。と自分には言い聞かせていたんです。最初の内は・・・


でも人間、魔法のカードという力を手にしてしまうと、使わずにはいられなくなるんですね・・・これが。

 

f:id:shinbar:20170522000110p:plain


そんなに大した金額使うわけじゃないし、ミニマムペイメントにすれば月々3,000円づつ返せばいいので、小遣いの範囲の中でゼンゼン余裕で払っていけるし、大丈夫。


・・・と、子どもと映画を見に行った時に財布に現金はおいときたかったので、カードでチケット買ったんですね。そこからもう、楽天でカニ買ったり、アマゾンでDVD買ったり、あっという間に10万円以上・・・カードで買い物しました。


ショッピングが10万円以上になるとミニマムペイメントの月々の返済額が5,000円になるんですが、まだ何とか小遣いでやりくりできると思ってました。年利12%の利子です。


気が付けば、ショッピングの枠があと15,000円くらいまでに使ってました。
オー・マイ・ガー!


さすがにちょっと魔法のカードを使い過ぎたと反省。しばらく封印してMPの回復を待つ事にしました。


毎月5,000円づつコツコツと返済し、半年くらいが過ぎました。


もう60,000円くらいにはMPも回復したかな・・・と思ってネットからカードのホームページで残高参照しようとログインして確認すると、


現在の利用可能なショッピング枠16,000円。


いちまん・・ろくせん・・・へっ?(汗)


ゼンッ、ゼンッ、回復しとらんがなあああああー!?

 

f:id:shinbar:20170521235935j:plain


これが世にも恐ろしいカード地獄というやつなんでしょう。


明細をよく見てみると月々5,000円返していってるんですが、その5,000円の返済金額の内訳があって、元本が2,834円と手数料が2,166円になってます。


つまり月々5,000円ミニマムペイメントで返しても元金分の2,834円しか返済に回されていなかったんですね。


しかも、別のブログの為に月払いのレンタルサーバー代をこのカードで引き落とす設定にしていたもんだから、レンタルサーバー代1,500円が毎月引き落とされ、


おまけに以前ヤマダ電機で買い物した時に店員から、月々300円かかるんですがヤマダプレミアム会員になると今回割引できるポイントが付くので得ですよ!


という営業トークにのせられて、ゼンゼン持ってても何の役に立たないヤマダプレミアム会員費の300円がこのカードで毎月引き落とされていました。


と言う事は、毎月実質1,000円くらいしか元金が消えてない!
こんなの完全に返済するのに何年かかるの?利子どのくらいのなるの?


考えるのが、恐ろしくなりました。

 

f:id:shinbar:20170522000149j:plain


逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。


取り急ぎは、何の因果か、ヤマダ電機に寄附してるのといっしょのヤマダプレミアム会員を退会することにしました。これがまた、退会するのにネットから手続きできません。


平日にフリーダイヤルに電話して退会するしかないようで、電話したら色々と根ほり葉ほり聞かれるのかと思ったら、「わかりました」と、意外とすんなり退会出来ました。
もっと早く退会しとけばよかった。


レンタルサーバー代は銀行払いかデビットカードのほうで支払うように設定を変える予定です。(1年か2年まとめて支払いのほうがお得なんでしょうが、まとまったお金が手持ちでないもので。)


あとは、地道に支出を減らし、小遣いに余剰金が出来たら少しでも返済に回すしかないか・・・と思ってます。(ホントにできるのか、どうか・・。)


年会費無料のクレジットカード・・・
人類はかつて、作って使わなかった兵器は無いと言います。


人間は手に入れてしまった力は使ってしまうサガなのですね。
オー・・マイ・・ガー!

 

 この方法で返済していきます。深く反省。

ouizumi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

もう一度観たい2時間ドラマありますか?

もう一度観たい映画はけっこうあるかもしれないけど、もう一度観たいと思うテレビの2時間ドラマは、そうそうないと思います。


そんな中で、もう何年も前から 「もう一度観たい」 と思っているドラマがある。


「風よ 父よ 明日へ」 という1990年に放送されたドラマです。


オフロード・バイクのエンデューロレースをテーマにしたドラマなんですが、エンデューロとはオフロードの耐久レースというかラリーといった感じのレースで、一般的にはあまり知られていないマイナーな競技になるのかな。


モトクロスやロードレースに比べて華やかさがないエンデューロをテーマにしたドラマや映画はこの作品以外に見たことも聞いたことも無いような気がするので、とても貴重な作品です。


「風よ 父よ 明日へ」 が放送された当時は自分も愛車のKDX200SRでちょっとエンデューロをかじったことがあったので、興味津々で観ました。


主役は藤 竜也さんで、阿藤 快さんや嶋 大輔さんも出演していたように思います。


トーリーはうる覚えなんですが、舞台は北海道で主人公の藤 竜也さんはヤマハのXT200に乗っていたと思います。

 

f:id:shinbar:20170518233130j:plain

出典 www.youtube.com


藤 竜也さん演じる主人公はオフロード好きの元炭鉱夫で、炭鉱の仕事に誇りを持っていましたが、石炭の需要が先細りする中、閉山により職を失いそれからというもの、つく仕事つく仕事打ち込めずにいて、深夜のコンビニでアルバイトとして生計たてているといった調子。


そんな主人公に妻や息子が自分をいいようには思っていないことは薄々気づいている。


モヤモヤした気持ちの毎日の中で、息子がまだ小さい時に出場してリタイヤで終わった日高で行われるエンデューロレースHTDE(HIDAKA Two Days Enduro)にもう一度チャレンジしたい気持ちは持っていた。


深夜のコンビニのバイト先で、若者達にボコられ、それが原因でバイトもクビになり、そんな主人公に妻も愛想を尽かし、離婚を言い渡さる。


石炭会社の元同僚でバイク仲間だった阿藤 快さんが会社の勧めで転職した先の蘭の栽培事業に打ち込めている姿に自分を振り返り、日高エンデューロ・レースに出場することを決意する。


最後に息子に父親として、そして男として、自分が闘っている姿を見せる為に。


エンデューロ当日の会場には多くのライダー達が集い、その中に嶋 大輔さん演じるちょっとチャラいライダーがいた。


BOOWY「ONLY YOU」ウォークマンで聞き、鼻づさみ歌いながら、オフロードレースなのにオンロード用のブーツを履いての登場だったと記憶してます。


そんな嶋 大輔さんもなぜか主人公家族と久しくなっていた。


エンデューロ・レース、特にHTDEは過酷な部類のエンデューロ・レースにあたり、完走するのも難しいレースです。

 

 

主人公のヤマハXT200は当時でも古いバイクで非力さを感じます。主人公自身もオフロードは好きだけど、歳も歳(40歳くらいといった設定だと思います)で、凄いライディング・テクニックを持っている訳ではない。


エンデューロ・レースは速さよりも、いかに過酷なコース状況を観察して無理せず自分のペースを見失わずに走破するかがものを言います。


レース1日目、若いライダー嶋 大輔さんは自分を過信しすぎてコースを外れて崖から落ちて足を骨折してリタイアしてしまいます。


レース2日目の終盤、主人公もマシンもボロボロになりながら走り続けますが、ついにXT200がエンジントラブルで動かなくなります。


でも、主人公は動かなくなった重いマシンを押しながらゴールを目指します。


ゴール会場では、次々に参加ライダーがゴールする中、なかなか姿の見えない主人公に妻や息子も不安がよぎります。


その時にフラフラになりながらマシンを押してゴールに向かってくる主人公の姿が見えます。もう彼がコース上に残っている最終のライダーです。


体力も消耗しきって、ゴール前で主人公とXT200は倒れます。もうマシンを起き上がらせる力もない。その時に「お父さん」と息子が駆け寄ります。


「助けたらダメだ、失格になるぞ!」と先にゴールした仲間のライダーに言われましたが、それを知りながら息子は動かないXT200を父の後ろから押します。


主人公もそれを承知で息子と共にマシンを押して二人でゴールします。


結局、オフィシャルに手助けを受けたので失格を言い渡されますが、主人公の藤 竜也さんは、息子を見つめて満足そうに笑みと涙を浮かべます。その姿を見ていた妻も涙します。

 

f:id:shinbar:20170518233530j:plain

出典 www.dirtnp.com


レース後、結局は主人公と妻は離婚してわかれることになったように思うのですが、息子がもう一度やり直してほしいような表情をしていて、もしかしたら、また家族で再出発するのかなぁ・・と想像できそうなシーンでドラマは終わったかと思います。


ちょっとでもエンデューロ・レースをかじった者としては、レースのハードさや、ドロドロのオフロードコースを動かなくなったマシンを押す重さは身に染みてわかります。自分も主人公くらいの歳になって、普段、会話も少なくなった子どもに、父親として何か語らずとも背中を見せてやれる事があればと最近思うようになりました。


「風よ 父よ 明日へ」は2時間ドラマなので、DVD化してないでしょうから、もう一度見ることは叶わないでしょう。


当時、ビデオに録画した記憶はあるのですが、ビデオテープがどこにあるのか不明です。ビデオテープがあってもデッキがないか・・・。残念。

 

 

老眼に視力回復メソッドは効くのか?なぜ視力回復できるのか!?

40歳過ぎたあたりから、近くのモノが見ずらくなり、老眼を認識し、老眼鏡が手放せなくなりました。今では老眼鏡に慣れてしまい過ぎたせいか、老眼鏡をはずすと遠くのモノもぼやけて見えてしまいます。マズイなぁ。


もともと私は視力はいい方で、視力検査ではいつも右1.5、左1.5ですこぶる良好でした。


若いころに目がいい人は老眼になりやすいと、昔に聞いたようなことがあるんですが、その時は自分がなるはずないと思ってました。


しかし、現実からは避けて通れません。


老眼鏡なしではパソコンや書類の文字も見づらいし、それでも目を凝らして読もうとするとかなり疲れます。


でも、いちいちメガネケースから、老眼鏡を取り出すのって、面倒ですからツイツイ、Yシャツの胸ポケットにメガネをそのまま入れてしまいます。


胸ポケットにはスマホも入れて活動してますから、もうレンズに傷がいきまくりで・・・

 

またこれがキズで見えにくくなってしまって、我慢して使ってるしだいです。


老眼鏡をかけないと見えないのって、すごくわずらわしいので、何とか視力が回復する方法はないかと思って本屋でそれらしい本を探してたんですが、眼筋トレーニングめがねが付いている眼科医が考案!自宅でできる視力回復メソッドというムック本があったので購入してみました。


眼筋トレーニングめがねというのは、サングラスのレンズにあたる部分の真ん中に5つの穴が空いたメガネで、メソッドによれば、このサングラスを1日5分かけるだけで視力が回復できるということですが、

 

f:id:shinbar:20170516234436j:plain


何故これだけで視力が回復するか?と言うと、


サングラスに空いている小さなピンホールを通して見ることにより目がピントを合わせる作業が不要なので、目の水晶体の厚みを変えてピントを合わせる作業をしている毛様体筋を休ませることが出来るというもの。


それにより、リラックスし、血行も良くなるので視力が回復する可能性があるとのことです。


早速、このサングラス(眼筋トレーニングめがねと言います)をかけてボ~ッとしてみました。


なるほど!!


これまでボヤケていたのにメガネのピンホールを通して見ると遠くのモノや近くのモノもハッキリ見えるのでびっくりしました。


このサングラスをかけると、ピンホールごしにパソコンの文字もハッキリ見えます。
これなら続けれるかも。


でも、メソットにも書いてましたが、視力回復には目だけでなく、普段の生活習慣の見直しも必要のようです。


座ったままの姿勢でパソコン等の作業を長時間したり、運動不足や睡眠が遅めと言うのも大敵なんです。

 

 
メガネやコンタクトに頼り過ぎないで、視力は目だけでなく全身から治すことを心がけることが大切なんですね。

 

2スト・オフロードバイクは速かった!カワサキKDX200SR最高だ!

今から25年くらい前になるだろうか。


オンロードバイクで峠を攻めるよりも、オフロードで野山を駆け回ることになぜか憧れるようになり、急にオンからオフにバイクを乗り換えた。


そうそう、なんでオフロードに目覚めたか、今思い出したんだが、確か当時乗ってたスズキRGV250γ(ガンマ)をバイク屋に修理に出した時に代車で借りたのが、ヤマハセロー225だったんですね。

 

f:id:shinbar:20170513225456j:plain

出典 www.bikebros.co.jp


その時までは、バイクは速く走ってなんぼと思っていたので、遅い単発のオフロード車なんてと、バカにしてたのに、いざセローに乗ってみると、その乗りやすさと扱いやすさにすっかりオフロード車が好きになりました。


最初乗ったときは、今まで乗ってたレーサーレプリカに比べてブレーキの効きが甘いのにはビックリしたけど。セローに慣れてしまうと、今度は修理が終わってガンマに乗った時にブレーキが効きすぎるのにビックリした。


それからこのままオンで行くか、オフに転向するか迷った後に、気が付くとカワサキのKMX200という2ストオフロードバイクに買い替えてました。

 

f:id:shinbar:20170513225522j:plain

出典 minkara.carview.co.jp


でも買ってからちょっと、KMX200はパワーが足りないよ気がしてバリバリのオフロード車とは違ってどちらかと言うとトレール車なのかなぁ・・・という感じがしました。


それからしばらくして、オフロードバイク雑誌の「GARRRR」(ガルル)にカワサキのKDX200SRが載ってたので、これ乗りてぇ~となってKMX200に乗り換えて半年を待たずしてKDX200SRに乗り換えました。

 

f:id:shinbar:20170513225548j:plain

出典 www.motorcyclespecs.co.za

 

KDX200SRは買って正解でした。


足つきはKMX200のほうが良かったけど、パワーが同じ200ccか!と思うくらい。


出だしで、ちょっとアクセルを開け気味にするだけで軽くウィリーできたくらいオフロードなバイクでした。


乗車して最初に「コイツはいける!」と感じたバイクだった。


KDX200SRでは街乗りはもちろん、林道をソロでキャンプツーリングしたり、高速道路を使っての仲間との長距離ツーリングと楽しみました。高速道路では2ストでタンクが小さいので、ガス欠にならないように仲間のオン車よりも多く給油する必要はありましたが。


奈良県吉野郡下市町にあるモトクロスコースウッズモータースポーツランド下市で当時、RSタイチが主催してたエンジョイ・エンデューロにもKDX200SRで出場しました。


むちゃくちゃ遅かったけど・・エンデューロをなめてました。

石井正美の最強エンデューロテクニック (Garrrr books)

石井正美の最強エンデューロテクニック (Garrrr books)

 

 
結婚してからは、ピタリとバイクに乗らなくなったので、KDX200SRは実家のオカンにバイク王に売られてしまいましたが・・(T T)


バイクに乗らなくなって、かれこれ20年近くなりますが、またバイク欲しくなってきたー!


ツーリングセロー250が欲しくてたまらない。でも金が・・・。と思いながら、最近毎晩YouTobeでツーリングセローのツーリング動画ばかり見てます。

 

 

これが、けっこう楽しいですわ。(今のマイブームです。)

 

 

泉大津パーキングエリアの展望台に行ってきました!仕事中に・・

ぽかぽか陽気の日に仕事とは言え、車を走らせるとちょっとは気分が上がります。それがまた高速道路、しかも海沿いを走る阪神高速湾岸線を流していると

 気分サイコー!なんで仕事なんだろ~~!くそー!となります。


今日は大阪市内から岸和田市に行かなければならなかったので、お昼くらいに阪神高速湾岸線を走りました。昼めしを食べてから高速にのったし、春の陽気も手伝ってか、もう眠たいのなんの、これはいかんという事で、湾岸線のオアシス泉大津パーキングエリア」に入ることにしました。


ここのパーキングエリアは陸側と海側にわかれていて、それぞれビルが建っていて、阪神高速をまたぐ感じで渡り廊下でつながっているという、ちょっと変わったPAです。


しかも、普通車などの小型車両は高速道路より少し下って大型車の駐車場の下なので当然“屋根のある駐車場”になるので、太陽光線を遮ってくれて、絶好の昼寝スポットになります。

f:id:shinbar:20170512001821j:plain


泉大津パーキングエリアはトイレが綺麗なのがまたいい。


このPAには仕事中に昼寝・・ではなく、数回トイレ休憩で立ち寄ったことがあるんですが、海側のビルの11階にある展望台に上がったことが無かったので、一度は展望台からの眺めを見たいと思っていたし、今日は少しばかし時間があるので、眠気覚ましに行ってみました!


ビルで言う2階が小型車の駐車場になっていて、陸側のビルの5階と海側のビル5階が渡り廊下でつながっているようです。

f:id:shinbar:20170512001859j:plain

 

泉大津パーキングエリアの展望台に行ってきました!仕事中に・・


平日なので人はあまりいません。て言うか、お昼過ぎのビジネスタイムなので駐車場とトイレor食事以外で、ピットインしたお客さんもウロウロはしてないです。


向こうのビルまで遠そう・・・。

f:id:shinbar:20170512001943j:plain

 


渡り廊下からは空も拝めます。

f:id:shinbar:20170512002000j:plain

 


渡り廊下中間地点。今日は車の流れも良さそうです。

f:id:shinbar:20170512002015j:plain

 


海側の11階展望台に到着。もっと空気が澄んでいたら金剛山二上山もみえるのかぁ。

f:id:shinbar:20170512002038j:plain

f:id:shinbar:20170512002118j:plain

 


展望台は広々としてますね~。ベンチも置いてあるので昼寝できそうです。

f:id:shinbar:20170512002106j:plain

 


いい眺め。

f:id:shinbar:20170512002139j:plain

f:id:shinbar:20170512002149j:plain

 


ちょっとレトロ?なゲーセン機がありました。

f:id:shinbar:20170512002202j:plain

 


綺麗とはいいがたいですが、大阪湾も望めます。海、いいッスね!

 

f:id:shinbar:20170512002214j:plain

f:id:shinbar:20170512002230j:plain

f:id:shinbar:20170512002241j:plain

f:id:shinbar:20170512002255j:plain

 

 

10分100円で利用できるマッサージチュアがある!ヤリテー!

f:id:shinbar:20170512002310j:plain

 


展望台は夜の22時から翌朝6時までは入れないようです。昼より夜の夜景が綺麗でしょうね。

f:id:shinbar:20170512002326j:plain

 


また、この長い渡り廊下を通って愛車(営業車)の待つ、陸側に戻ります。

f:id:shinbar:20170512002341j:plain

 


スパムおむすびおいしそう!ホットドックやアメリカン・ドック高そう。

f:id:shinbar:20170512002354j:plain

 


仕事中につかの間のひと時、人間らしさを取り戻せました。仕事がんばろ。

 

 

 

この人、一人でやってんの!?想像できない家電ベンチャー

 YAHOO!ニュースを見ていたら気になる記事がありました。

「またUPQ 1人起業の弱点露呈」という見出しが付いた記事だったのですが、

 

headlines.yahoo.co.jp

 

UPQというのはアップ・キューと呼ぶらしく、家電製品を扱うベンチャー企業のようですが、記事の内容は、なんでもこのアップ・キューが販売するSIMフリースマホで充電中に過熱発火するという事故が続いているというもの。


スマホの発火事件と言えば、韓国の家電メーカー・サムスンGalaxy noteが思い浮かびますが、アップ・キューの扱うスマホもバッテリーが原因と思われる事故のようです。


私が気になったのは、このUPQ(アップ・キュー)という会社の中澤優子CEO代表取締役


女社長は、まあ最近ではそんなに珍しくはないですが、冒頭のYAHOO!ニュースの見出しで“1人起業”というキーワードがありましたが、まさかとは思ったんですが、この中澤CEO代表取締役ほぼ一人で製品の企画、製造、販売を手掛けているというのにビックリしました。


家電って、一人で企画して製造、販売できるんだ・・・目からウロコです。


もちろん、一人でと言ってもこの中澤さんが製品作って売り歩いているわけじゃないでしょうが、自分の企画した商品を外注工場の製造ラインにのせて、販売ルートを開拓していくというのは、なかなかの大仕事でしょう。


そんじょそこらのバイタリティでは出来ないんじゃないかな・・・もう10年若くても自分にはそんなことやる勇気も想像すら出来ません。


そういえば、家電ベンチャーでちょっと思い出したんですが、以前、日曜日の日テレの朝の情報番組の「シューイチ」で、MCの中山 秀征さんが取材するコーナーで、おしゃれな電動スクーターが出てきたんですが、その電動スクーターがアップ・キューが手掛けたものでした。


その時に取材に答えていたのが中澤 優子CEO代表取締役だったんですね。従業員の人かとばかり思ってました。1人起業なんで従業員はいないか。


YAHOO!ニュースの記事中には、スマホの事故のほかにも65インチの4K対応ディスプレイの表記が間違っていたことも書いてありました。


そのミスの対応にしても同じ製品を扱っていたDMMは返金受付したのに対し、アップ・キューは2000円のAmazonギフト券を配っただけの対応に批判が出ているとのことが書いてました。


一人で何でもかんでもやるから、こんなことになったんじゃないのか的なことが書かれてましたが、同じようなことで企業によって対応の違いがあるのは他のケースでもあります。


大企業が作った製品でも事故やリコールが起こることも最近ではしょっちゅう目にします。


組織が巨大になればなるほど、物事の決定が遅くなりますが、一人だと決定するのは自分自身だけですから、その辺は組織が小さいほうが有利かなと、サラリーマンやってても思います。

 

ただ一人の会社だと責任はもろに来ますから、その重圧たるや相当きついはずです。


自分の想像もつかないようなことをしている人って、本当に凄いと思うので、くれぐれも体に気をつけて、これからも活躍していってほしいです。

 

Q-music HDP5/BG (ブルー・バイ・グリーン)

Q-music HDP5/BG (ブルー・バイ・グリーン)