読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

シャープ本社物理的消滅。目の付けどころが悪かったのか・・・

今日は大阪市阿倍野区西田辺周辺を仕事で通ったんですが、御堂筋から南港通りを東に向かいJR阪和線手前の通り両脇に、あの鴻海の出資を受けて再建を目指すシャープの“元”本社があるんですが、

f:id:shinbar:20170426213519p:plain


南港通りを挟んで2棟向かい合って建ってた本社ビルの北側は今まさに解体工事やってって取り壊し中です。南側の元本社ビルも誰も出入りがなくもぬけの殻です。北側の解体が終わると、続けて解体されるのでしょうか。もったいないですね。


シャープと言えば、創業は本当にシャープペンシルから始まった会社なんですね。今のノック式ではなく、創業者の早川 徳次氏が発明した回転で芯が出てくる「早川式繰出鉛筆」というものです。


シャープは「目の付けどころがシャープでしょ」というコピーでテレビCMをしていた時期もありましたが、シャープの作る製品は、けっこう業界の先端を行っていた商品が多かったように記憶します。

 

f:id:shinbar:20170426213652p:plain

出典 gigazine.net/news


左右どちらからでも開く冷蔵庫や今はもう使っている人はあまりいないと思いますが、カセットテープ全盛の時代、ツインカムダブルカセット(カセットテープを同時に2つデッキにセットできる)を最初に世に送りだしたのがシャープです。


シャープが新商品を出してから後で松下電器パナソニック)が同じような物を安く作るので、松下は「マネした電器」とあだ名されてました。


今から35年くらい前にパソコンがマイコンとも呼ばれていた時代。まだOSは「ベーシック」でハードディスクなんかないから、起動するたびに記憶媒体のカセットテープでマイコンにOSを読み込ませてた時代にシャープは独自のクリーン設計を採用して多数の言語やOSを使えるようにしてました。この時にシャープが販売してパソコン、MZ-2000は憧れでした。


ドクターパソコン思い出す。

 

f:id:shinbar:20170426213933j:plain

出典 vidyow.com


ドクターパソコンとは、昔シャープがスポンサーだった「パソコンサンデー」の講師の先生で、特ダネの小倉さんが司会をやってたけど、エラーを頻繁に出してたので「エラーマン」と呼ばれてように思います。

 

f:id:shinbar:20170426214100p:plain

出典 blogs.yahoo.co.jp/hip_hop_dreams


しかし、いつもこの通りを走ってたらあったシャープ本社が物理的に消滅してしまうのは、なんだか寂しい気持ちになりました。


跡地は家具のニトリになるみたいです。


本社ビルを売却するというのは背水の陣というか断腸の思いでしょうが、物を作って商売する家電メーカーとしては、本社を残して工場を売却するほうが愚の骨頂なんでしょう。工場は海外や地方だから地価が本社より安いというのも理由かも。


本社をなくしたシャープは拠点を堺市の海沿い、南港近辺の太陽電池を生産していた工場敷地内に移転しましたが、けっこう不便そうです。

 

f:id:shinbar:20170426214315p:plain


うちのリビングのテレビも昔はシャープの亀山ブランドAQUOSだったけど、今は韓国メーカーLG製の50インチ4K液晶テレビです。


正直、安かったんでLG買ったけど、リモコンの反応遅いし、起動も遅い。


日本の家電製品はやっぱり優秀なんだと改めて実感してます。

 

シャープの中からの風景 シャープ社員がブログに綴った3年間

シャープの中からの風景 シャープ社員がブログに綴った3年間

 

 

ヤマハ・トリシティ高速道路走れんの!三輪バイク、トリシティ進化論

昔バイクに乗って、よく日本各地にツーリングに出かけた中免ライダーですが、今でも気候も良くなってくるとバイクに乗ってふらりとどこかへ出かけたくなります。バイクないけど。


土曜日とか日曜日にツーリングしてるであろうバイク乗りを見ていると、なんともうらやましくなり、土日でもこっちは仕事じゃーと、嫉妬の念も出てきたりもします。


最近、走ってるバイクを目にすると、大型バイク乗ってる人が多いような気がします。中免しか持っていない者としてはまたも嫉妬の念をいだきます。今は中免とは言わず普通二輪と言うんでしたっけ。


たまに中型バイクも旧車を族っぽく改造したのを見ますが・・・以前、阪和道の泉南インター降りて国道26号線沿いの交差点のサークルKに100台以上そのようなバイクが止まっていたのは圧巻でした。買い物出来ないから頼むから散ってくれ。


かつてのバイクブームも過ぎ去ったのか、バイク離れも進んでいるようで、国内のバイクの売れ行きは良くないとも聞きますが、

 

headlines.yahoo.co.jp


そんな中でも新たなニーズを取り込めそうなバイクだなと個人的に思っていたがヤマハのトリシティです。

 

f:id:shinbar:20170425220926j:plain

出典:yamaha-motor.co.jp


二輪ではなくて前2輪と後ろ1輪の三輪バイクですが、最近では大阪府警もトリシティを調達したらしく、派出所に白黒カラーのトリシティが止まっていたりします。

 

headlines.yahoo.co.jp


エンジンは125㏄しかないのかと思っていたら去年に155㏄も出ていたんですね。


今日、名神高速道路走っていたら、トリシティが横を走っていたので、125㏄で高速走ったらあかんやん捕まるで、と思っていたら155㏄やったんですね。


なんで高速乗れない125㏄しかヤマハは出さないんやろうと思っていたら、ちゃんと考えてたんですね。


でもなんで250㏄でなくて155㏄なんでしょう?

 

f:id:shinbar:20170425221035j:plain

出典:yamaha-motor.co.jp


おそらくはトリシティがフロント二輪という独特の構造のため、125㏄でもそこそこコストがかかるのに250㏄にすると、とても売れる価格帯での供給が難しくなるからではないかと思います。


でなければ、わざわざ新設計した日本ではなじみのない155㏄エンジンにはならないでしょう。


ヤマハ・トリシティの魅力はエンジンの加速や馬力ではなく、バイクには付き物の転倒のリスクを極力抑えることができるという安心感だと思います。


前輪2輪によりコーナーでバンクしても左右のタイヤも同調してリーンするシステムは濡れた路面や荒れた路面でもどっちかのタイヤがグリップしてくれるという安心感があります。

 


昔バイクに乗ってた時に下手でよくコケました。1度コーナーでコケると恐怖心が出てきてコーナーを曲がる時にバイクを倒せなくなるもんです。トリシティが絶対倒れないとは言わないまでも安定した走行は楽しめそうです。

 

f:id:shinbar:20170425222325j:plain


バイクを離れて25年ほどになりますが、またバイクに乗ろうと思っても、コケた時のリスクを考えると家族がウンとはなかなか言ってくれないかもしれませんが、ヤマハのトリシティなら説得力ありそうです。

 

ヤマハ トリシティ125 PERFECT GUIDE (Motor Magazine Mook)

ヤマハ トリシティ125 PERFECT GUIDE (Motor Magazine Mook)

 

 

男子家を出ずれば七人の敵ありの意味と例え

 

「男子家を出ずれば七人の敵あり」ということわざがあります。

 

これは、男が成長してひとたび社会にでて活動するようになれば、競争相手や敵ができて多くの困難が待ち受けているぞという例えです。困難が待ち受けているのは現在社会において、男だけでなく女性もでしょうが。

 

“七人の敵”というのはいったい誰なのか?というのが常々疑問だったのですが、ちょっと気になったのでググってみると、七人というのは大勢という意味らしく、特にコイツとアイツとソイツが敵だということではないそうです。


・・・早くググればよかったわ。と一人心の中でつぶやきました。


まあ私としては社会に出て早、30年あまり。そりゃ~いろいろと困難やアクシデントはあります。まだまだ現在進行形です。


営業という職業柄、社内・社外問わず、対人的なトラブルはしょっちゅうです。
なんでこんな職業選んでしまったんだろう・・・何度後悔の念に思ったことか。


対人の場合は自分が我慢するなり、堪ったうっぷんは居酒屋で発散するなりするのでましですが、実質的に金銭的なものが絡んでくるとつらい。


特にこの営業という仕事を始めて車を運転することが多いんですが、その時の敵は交通違反の取り締まりです。ゴールド免許の時もありましたが、営業やりだしてから更新しても青色ばっかです。


時々病気のようにやってくるんです。


しかも一回捕まると、近い間にまた捕まっちゃうというのがパターンで、点数もさることながら、罰金も今まで合わせるとかなり払ってます。1回でも捕まると軽く1万円くらいは行きますから、こずかい制のサラリーマンはたまったものではありません。でも国家権力には逆らえません。罰金払えないなら出頭しろときますからねぇ。


ちょうど前回の違反から1年が過ぎたつい先日、またもスピード違反で捕まってしまいました。こういうのってホント忘れたころにきます。法定速度60kmの国道で18kmオーバー。1点減点、罰金12,000円でした。


クラウンの覆面パトカーでしたね。


この国道は道幅もあり、直線距離が長くてスピード出して走る車も少なくないので、いつもなら捕まるようなスピードでもなかったんですが、そういえば春の交通安全週間というのを忘れてました。12,000円痛い・・・


一回捕まると、近いうちにまた捕まるパターンがあるので、当面のあいだは気を付けなければならない身の上でしたが、近いうちどころかその翌日にまたスピード違反で捕まってしまいました・・・。


法定速度50kmの道を17kmオーバー、1点減点、罰金12,000円。ネズミ捕りでした。
前の車もそのくらいはだしてたけどなあ・・・もう何も言うことはありません。


でも言いたい。春の交通安全週間って、要は違反件数ノルマ必達期間てことか?


某不動産屋が時々テレビCMやるお客さんには何のメリットもないフレッシュマン・フェアみたいなもんか?


・・・と。


ゴールデンウィーク前に24,000円の出費って痛すぎます。無情ですね世の中は。

 

鉄血ロス!壊れても美しいガンダム・バルバトスルプスレクスですが・・・

形あるものはいつかは壊れる。これは世の常ですが、モビルスーツにおいて、壊れてもサマになるというか、恐ろしさをも感じたのがガンダム・バルバトスでした。

 

 
クリュセ防衛戦のモビルアーマー・ハシュマルとの戦で片腕破壊されても、ヘルムヴィーゲリンカーのあのごっついバスターソードを奪い取って片手で一撃を加えるさまや、最終話のダインスレイヴ弾の雨の強襲を受けてボロボロになっても戦い続ける姿は真に悪魔でした。


最後はジュリエッタレギンレイズジュリアに首を刈られ主役機でありながら、完全に機能停止で潰されました。


伝説の機体であるバエルは修復されて、また封印されましたが、バルバトスやグシオンは廃棄されたんでしょうね・・・悲しい。
(そう言えばキマリスもか・・)


自宅のパソコン机に飾っている1/144ガンダム・バルバトスルプスレクスを眺め、鉄血のオルフェンズの余韻にひたりながら、日々生きている今日この頃です。

 

f:id:shinbar:20170418233738p:plain


毎日毎日、仕事で遅くなり、疲れた体を引きずって家に帰ってきて、メイスンを振り下ろしたポーズを決めているバルバトスルプスレクスを見ると落ち着きます。
(ちょっと変ですかね・・私。)


その日も仕事で疲れて遅い帰路につきましたが、部屋に入ると何か違和感を感じます。


何なんだろうなぁ・・・と、いつも座るパソコン机を見ると、メイスン振り下ろして決めポーズとってるはずのバルバトスルプスレクスが倒れとるではないですか!

 

f:id:shinbar:20170418233804j:plain


自然にバランスを崩して倒れたのか、誰かに倒されたのか・・・
まあ私も大人ですから、倒れたものは起こせばいいじゃないか、こんなことで誰がやったかなんて追及しても仕方がない。些細なことだ。問題ない。


と、右手からはずれたメイスンを再びバルバトスに持たしてやろうとしたんですが、右手の甲のパーツがないことに気が付きました。


手の甲のパーツがないと武器を握らすことができません。

 

f:id:shinbar:20170418233831j:plain


その時、奥さんが私に寄ってきて、「それ、今日パソコン使ってプリンター動かしたときに当たって倒れてしもたんよ。なんか白いモノ飛んでったんやけど、どっかいったわ。」


それ!手の甲のパーツやんケッ!(大阪弁


「どこや、どこ行ったその白いモノ!」


「わからん。どっかそのへん。」


どっかそのへんって・・・あなたは何をやってくれたか解っていないようだな。その白いモノがないと完全体でいられないんだよ我が作品(素組)のバルバトスルプスレクスは!


「いやいやいや!わからんて・・・ないと困るわ・・ポーズ決められへんし。まずは謝罪してもらおうか。ガンダム倒したことを、せっかくいいポーズ決めて飾ってたのに・・・そして償え、このままじゃカッコ悪いやん・・・まあ1/100のガンダム・バルバトスルプスレクス買ってもらうしかないかな。これは。」


「何言うてんの!エエ歳してガンダムガンダムって・・・そんなとこに普通飾らへんやろ。アクシデントやもんしゃーないわ。この部屋に絶対あるから探しいや。」


普通飾らんやろってなぁ・・・開き直りやがった。
探しいやって・・・お前が探せよ!お前が!


ガンダム・バルバトスルプスレクスはより接近戦・白兵戦を強化するためにバルバトスルプス並びに他のモビルスーツに比べ腕や手が大きくなってます。ゆえに他の1/144のガンプラの手の甲のパーツの流用は利きません。


あれから数日、必死に探すも、手の甲のパーツは見つかっていません・・・(T_T)

 

 

「孤独のグルメ」ごっこ、大阪市平野区のハンバーグ。失敗・・・

今日も営業で外回り。こんな時のお昼といえばマイブームの孤独のグルメを気取って見知らぬお店でランチを楽しむのです。


こんな些細な楽しみでもないと天気のいい土曜日のお昼に仕事なんてやってられるかーってなもんです。


まあ、特に今日はそんなに言うほど仕事が嫌な気分でもなかったのですが、お昼ご飯は楽しみです。


実は今日は行ってみたい店がありまして・・・


別の日の営業先から会社の帰り道。大阪市平野区の南港通りを車で流してると目の前の看板にハンバーグ鉄板焼きの文字が飛び込んできました。


鉄板焼きとハンバーグ・・・いいじゃないか。


一瞬、入ろうかどうか迷ったのですが、なぜかハンドルを切ることが出来ず、やり過ごしてしまったのです。


鉄板焼き屋に飲みに行った時に自家製ハンバーグとかメニューに書いてあると、ムチャ頼んでみたくなるほどの無類の自称ハンバーグ好きのこの私が、やり過ごしてしまうとは何たる失態。


鉄板焼き屋風の店の構もまあまあ良くて、記憶に刻まれ、今度またこの道を通ったら入ろうと思っての今日でした。

 

f:id:shinbar:20170416002256p:plain


でもね・・・店先の駐車場に車止めた瞬間、ちょっと高そっ・・と思ってしまったんです。

 

看板とかはけっこう気合入っている店なんですけど、目安となりそうなメニューや値段がが店外にはなかったのです。


今までの経験上、こういうお店で私の求めるコストパフォーマンスを満たしてくれた記憶がありません。


店内はお昼なのにちょっと暗めの照明、お客さんは1時過ぎてるのにまあまあ入ってはいました。


一人だったのでテーブルではなく、カウンターの席に案内されました。目の前に鉄板があるカウンター。お店のコンセプトとしてハンバーグ屋さんよりも鉄板焼きの比重が高いということか。


入ったからには何か頼まないと・・・目の前にランチのセットとかが書いてあるメニューがある・・・。タ・タカ・・。


お得のはずのセットのメニューが1,000円以上、1,600円とか2,000円。しかも税抜き表記。

 

f:id:shinbar:20170416003016j:plain


これ、あかんやつや・・・。サラリーマンのお昼のランチで1,000円以上はハッキリ言って高すぎます。贅沢です。完全に失敗しました。


でも、オーダーしないわけにはいかないので、この店の名前の付いたハンバーグセットを注文しました。ごはんはお代わり自由とのこと。

 

待つこと10分くらいして、目の前の鉄板にハンバーグとセットの鉄板焼きの一品がきましたが、ハンバーグ小っちゃ。小っちゃくてもビックリするくらいおいしかったらいいのですが、味も普通でした。ごはんもお代わり自由かもしれんが、お代わりするほどおかずのハンバーグないやんて感じでした。

 

f:id:shinbar:20170416003138p:plain


鉄板焼きのハンバーグを売りにしたいのかもしれないけど、味もたいしたことないのに値段設定高すぎです。看板に黒毛和牛って書いてあったけど、ハンバーグに使ってるひき肉は牛でないような気がしました。このハンバーグならビッ〇リ〇ンキーのほうが遥かにクオリティー高いと思いました。


今回は店の外観にやられました。「孤独のグルメ」ごっこ失敗です。

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

坐骨神経痛って治るのか?治らないのか?

介護の仕事をしているうちの奥さんは仕事がらお年寄りをベッドから起こしたり担いだりすることが多いので、しょっちゅう自分の体のあちこちが痛いと言ってます。


お年寄りと言っても軽い人ばかりでないそうで、びっくりするくらい重くて言う事聞かない人もいるので、介護の現場はそれはそれは大変らしいです。


そういうの聞くと、「働かんで家におったらええやん。」と、言ってやりたいのはやまやまなんですが、我が家の経済状況を考えると、思いはあっても口には出せません。私にもっと甲斐しょがあれば、カッコよく言ってやれるのに・・・すまん嫁よ。


ついこの間、あまりにも腰から足の付け根にかけて痛みがハンパないみたいで、立ったり座ったりするのも辛いようで、ロキソニン飲んでもあまり効かないと言う事なので、そこまで痛いんなら病院に行くことを進めたので、近くのまあまあ大きい病院に行って見てもらったそうなのですが、


坐骨神経痛と診断されたとの事。


奥さんの場合、腰か足の骨がすり減って坐骨神経を刺激して症状が出ているみたいなのですが、お医者さんからは手術しても痛みが取れるかというとそうでもなく、薬で痛みを散らすくらいで、坐骨神経痛とは付き合って生活していくしかないと言われたそうです。


医者が言うのなら仕方ないかと本人も手術しても確実に直らないのならばと言う事で、薬での治療を続けるしかないか・・・。と、実際に薬を服用すると痛みは治まっていたのでそのまま坐骨神経痛と付き合って生きて行こうと半ばあきらめてました。


でも、薬って飲み続けると体も慣れてくるのか最初のころよりは言うほど効かなくなってきたみたいで、また痛みがジワジワと来だしたみたいです。


そういえば以前、親戚のおばさんが手の神経痛かなんかで入院してた病院を思い出したみたいで、その病院のことを調べてみるとヘルニアや神経痛の治療でけっこう有名らしい。


だったらと言う事で、今度はその病院に行って見てもらうと、手術すれば治るというではないですか。


その病院のお医者さん曰くは、他の病院では機材がないのでこの手術は出来ないだろうから、手術してもいっしょと言われるかもしれないが、うちの病院なら手術で治せますよの自信の一言。


お医者さんもそれぞれ得意分野とかあるんでしょうが、一件目の病院を信じ続け、通い続けてたら奥さんの痛みは一生続くところでした。他の意見や見解も聞いてみるセカンドオピニオンって大事ですね。


という話でした。

鉄血のオルフェンズの感想。何がいいんだか・・・ロスになってます。

ここのところ毎週見ていた機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズが終わってロスになってます。


「任侠ガンダムと異名のあるこの作品ですが、ファースト・ガンダム以降の作品としては、最初から最後まで初めてダレることなく最後まで楽しんで見れた“ガンダムでした。

 

 

50歳過ぎたおっさんが言うのもなんですが、ZガンダムVガンダムガンダムSEED∀ガンダムガンダム00と色んなガンダム作品全て見てきたわけではありませんが、途中で話についていけなくなったり、シラケムードになって、最終話まで見ることがなく途中で見なくなったのばかりです。


ファースト・ガンダムですら、TV放映された最初は視聴率は悪かったそうで、確かに当時、最初に放映された第1話は見た覚えはあるんですが、全話通して見たのは再放送された時でした。


そっから火が付いてガンプラブームにまでなったんですね。もう35年くらい前の話でしょうか。あの頃のガンプラは品薄でなかなか手に入らなかった。


なんか「ガルダン」とかぜんぜんガンダムじゃねえだろうみたいな類似品とも言えないような類似品も出ていて、おもちゃ屋のおやじもたぶん間違えて仕入れたのか、「ガルダン」もいっしょに買わないと本物のガンプラを売ってくれなかった・・・。


という悲しい思い出が甦ってきました。


最近またガンプラを作りだしたのも1/144RGガンダムが発売されてからというのもありますが、鉄血のオルフェンズを見だしてから、この作品に出てくる腰の細いモビルスーツを作りたくて止まらなくなりました。


気が付けば、15体・・・。全て素組。

f:id:shinbar:20170411231011j:plain

f:id:shinbar:20170411231030j:plain

f:id:shinbar:20170411231053j:plain


鉄血のオルフェンズ」は終わったけど、まだ作ってないモビルスーツあるので、まだ増えるでしょう。

 


何がそんなに「鉄血のオルフェンズ」が良かったのか?


あまりセリフはしゃべらず、敵対する相手に対しては徹底的に容赦がないクール過ぎて異端な性格の主人公の三日月・オーガスには賛否両論ありましたが、正義感ある主人公じゃない所が意外性があり、魅力があります。

 

もう一人の主人公オルガ・イツカも筋を通し、組織を引っ張るリーダーとして、常に仲間のことを考えてた。時に三日月のプレッシャーを感じながらの行動に出る時もありましたが、基本は苦悩し理想を追い求め、団員に早くいい思いをさせてやりたいという思いがマクギリスと手を組むことになり、それが最後に鉄華団を敗北させてしまった。


彼は凶弾に倒れましたが、鉄華団が全滅せずに生き残ったメンバーがいるという事は敗北じゃなかったんだと思います。


最後は敵方が勝利することによって、世界の秩序が取り戻されていくのは皮肉でやるせない気持ちになりました。


まあ、あの状況で主人公側が一発逆転というのも現実味がないでしょうから、あの終わり方でよかったんだと思います。


キャラクターやストーリーもさることながら、私としてはガンダムと言えばモビルスーツです。


主人公機、その他もガンダムでありながら悪魔の名を持つ機体。


300年前に作られたモビルスーツでありながら、動力源のエイハブ・リアクターを2基搭載し、最新鋭機を寄せ付けない圧倒的なパワーを持つガンダム・フレーム


ギャラルホルンや敵側から見ると鉄華団バルバトスグシオンはまさに悪魔でしょう。そんな設定がシビれます。


また、ナノラミネート・アーマーにより、ビーム兵器が無力化するという設定により、実体弾・打撃・切断によらなければモビルスーツを倒せないというところが、戦闘シーンを変えました。


モビルスーツの武器が、中世ヨーロッパの騎士が使っていた武器のようにメイスンはじめ、アックスハンマーソードといったものでの殴り合いですから、破壊されるモビルスーツもさることながら、パイロットも流血や圧死するという・・・子どもも見る番組でちょっとムゴイシーンもありましたが、逆に人が操縦しているであろうモビルスーツがビーム兵器で簡単に撃ち落とされるというのも軽すぎます。


ガンダムとしては売りであるはずの戦闘シーンですが、鉄血のオルフェンズは1期・2期ともにモビルスーツの戦闘シーンは少なかった気はしますが、そこが見る年代によってはつまらなさを感じさせてしまうのかもしれません。


でも、アラフィフのガンダム・ファンとしてはそこも受け入れて、毎週楽しみで最後まで見れるガンダムでした。

フリージア(期間生産限定盤)

フリージア(期間生産限定盤)