読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

プレミアム・フライデー始まった!けど終わったな・・・

プレミアム・フライデー・・・響きは確かに素晴らしい。


毎月の最終金曜日の仕事を午後3時に切り上げるというもので、自由な時間が出来た分、人は買い物や旅行や飲食に消費するだろう・・・


という経済効果の推測のもと2017年2月から働き方改革の一環として国が提唱して始まりました。




役所はそうなっていくんでしょうが、プレミアム・フライデーに参加するしないは企業の自由だそうです。


長時間労働当たり前の日本において、今後この働き方が浸透していくかどうかは疑問に思うところです。


まあ、土日に休める会社の従業員にとっては金曜の午後3時以降から時間が出来るんだから、何をするかワクワクでしょうが、時間があってもお金がなければ結局何もできませんね・・・。


逆に土日に休みが取れない飲食やサービス業の人にとったら月末のプレミアムフライデーの日は仕事がハードになるのは誰もが考えるところです。


自分も、土日に休むことは皆無な営業職ですが、土日に休みがきちんととれる職業の人って、如何ほどいるのか。


お役所勤めの公務員や大企業でも本社勤務や事務職くらいじゃないでしょうか。


大多数は土日休みどころか、週休二日もままならない労働者のほうが多いんじゃないのかな。業種や職種によったら、プレミアムなんて不可能なわけで。


電通の女性社員の過労自殺のことがあってから、「残業するな」「休日は休め」と叩かれるのを恐れて会社は言うけど、仕事量やノルマは減らないし、人も増えないのだから長時間労働と「休めない」状態はこの先も永遠に続きそうです。


有給取る時は辞める時。


40代過ぎると職種変えて転職っていうのも難しいし、家族がいると自分勝手もなかなか出来ないですもんね。一部の人間のプレミアム・フライデーの為に頑張って働くしかないでしょう。

 

「仕事ができるやつ」になる最短の道

「仕事ができるやつ」になる最短の道

 

 


早くロボットやレプリカントが人間の代わりに働いてくれる世界こないかなぁ・・・