読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

1/144 HGガンダム・バルバトスルプスレクス 素組み

1/144HGガンダム・バルバトスルプスレクス購入しました。

 

ファースト・ガンダム依頼、いろいろなガンダム作品が世に出てきましたが、

鉄血のオルフェンズは久々に夢中のなれるガンダムシリーズではないかと思います。

 

最初は“腰の細い”モビルスーツを見た時には「なんじゃこのデザインは・・・」と思いましたが、今ではもうこの鉄血のオルフェンズシリーズのモビルスーツが当たり前で、無茶カッコよく思います。

 

その中でも主役機であるガンダム・バルバトスはやっぱりいいです。

 

今回のガンプラの出来も、シールで逃げているところありますが、素組み専門のモデラーとしては十分満足のいく出来でた。

 

バルバトスルプスレクスの特徴は、より接近戦に特化して腕やの手の部分が大きいことで、マニピュレーターの指に黄色いツメがあることですが、今回の1/144ではツメは手のパーツに一体形成されてますので、黄色くはありません。

 

ちょっと残念です。

 

1/144ではコストの問題やスケール的にシールを貼るのもちょっと難しかったのかな。

でも、聞いた話では1/100のバルバトスルプスレクスもツメは黄色じゃないみたい。

 

ガンダムマーカーで黄色に塗るしかないか・・・でも、色がうまくのるかどうかですね。

 

ガンダム・グシオンフルシティは顔もシールで逃げていましたが、バルバトスルプスレクスはさすがに主役機ともあって、ちゃんとパーツで構成されていてよかったです。

f:id:shinbar:20170302003742j:plain

 

モビルアーマー・ハシュマルから移植されたシッポも再現出来て、大型メイスンを持たせれば素組みでもかっこいいポーズを決められます。

 

f:id:shinbar:20170302003849j:plain

 

物語もあと4話かそこらで最終回を迎えそうですが、終わったらオルフェンズ・ロスになりそうです。